パズルの組み立て方のテクニック

パズルの組み立て方のテクニック

ピースを分けましょう

最初にパズルの外枠になる部分を見つけてください。
1辺または2辺に凹凸がなく、平らになっているピースです。
まずは外枠を組んで、全体の大きさを確認してみましょう。
外枠のピース数を確認しておけば、間違いも少なくなります。
その後、色や模様などヒントになる部分を分類してください。
その際に分類箱があると便利です。

ピース数を確認する

分かるところからどんどん組みましょう

柄や色の境目、文字やサイン、線の繋がりなどをヒントにして分かるところから組んでいきましょう。
ピースが減ってくるとさらに組みやすくなってきます。

組み間違いに気をつけましょう

ピースをはめたとき他の部分よりもキツイ、またはゆるい場合は、間違った場所にピースをはめている可能性があります。
ピースとピースのつながりの線をよく見てください。
少しでもずれていたら間違いです。
1つでも間違えると完成できないのが「ジグソーパズル」です。
慎重に進めていきましょう。

ここでワンポイント

パズルを作る工程で、タテの刃とヨコの刃の2回に分けてパズルの形にカットします。
そのためタテ・ヨコそれぞれ、ピースの隣に合った刃型の線は必ず繋がっています。
ヨコの線だけズレたりすることはありませんので、それをヒントにしましょう。
また、ピースのタテ・ヨコの長さが違うものもあるので、注意してみると向きが分かります。
まったく同じピースはありませんので、柄にヒントがない場合はピースの形をよく見てみましょう。

時には休息も…

行き詰まったときには、ひと休みしてみましょう。
休息をとることで、案外すんなり組めることがあります。
違う場所のピースを探してみたり、今までと違う角度で絵柄を見たりするのもよいでしょう。
リラックスして、楽しんでくださいね。
もし、しばらくパズルをお休みするときは、残っているピースを紛失しないように箱などにしまって保管しましょう。

完成!

さあ、もうすぐ完成です!
最後の1ピースをはめるときの感動は、何度味わっても感慨深いものです。
頑張って完成させた作品をぜひ、のりを付けて素敵なパネルに入れて飾ってください。